ゴルフ初心者クラブ ビギナーのためのゴルフ情報 上達を目指す初心者ゴルファーを応援します

「明日のゴルフ、どんな服装で行けばよいのだろう?」
「初心者なんだけど、スイングの方法が分からない・・・」
ゴルフ初心者クラブは、ゴルフ場での服装やマナー、エチケット
スウィングの方法やボールの打ち方などの情報を掲載しています。


初心者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)
中級者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)
上級者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)

  

ドライバーショットのコツ

ドライバーは思い切り振るのではなく、60〜70%の力で振りましょう。

そのくらいの力加減で振ると、スウィングのリズムも自然と良くなります。


ドライバーショットのコツ

練習で、自分がどれくらいのスピードで振ったら安定した飛距離、当たりが出るのか把握しておきましょう。

右打ちの場合、フィニッシュで右足を地面から離し、完全に左足だけで立つドリルが効果的です。

左足だけで立てるということは、適正なリズムやタイミングで打てている証拠です。

スウィングのリズムが速くならないために効果的なのが、グリップを柔らかく握る方法です。

手に力が入っていなければ、肩や腕からも自然と余分な力が抜け、いつも同じリズム・タイミングでスウィングできるでしょう。


【バイオニックゴルフ理論シークレットバイブル】遂に販売開始!

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

まずは、パターから

まずは、パッティングの練習から始めましょう。

これなら、家のじゅうたんの上でも練習できます。

「どれくらいの強さで打てば、どれくらい転がるか」を

遊び感覚で身に付けましょう。

コースターを目印にするのも、おもしろいですよ。

じゅうたんの上に、コースターを置き

ちょうどその上でボールが止まるように打ってみましょう。

グリップの握り方、打つフォーム等にこだわらず

まずはフィーリング。これが大事です。


「ビギナーは、まずパターから練習した方がよい。

 短いクラブから、スタートするのが一番合理的だ。」

                   〜 トム・ワトソン
               

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

バンカーショットの基本

バンカーショットの基本は「砂を打つ」ことです。

まず、大きな水槽の水面にプラスチック製のボールが
浮かんでいると想像してください。

ボールを手で打ち出すためにはどうすれば良いでしょうか。

ボールの少し後ろの水面へ浅めに手のひらを入れる、
そして力強く叩けばよいのです。

直接ボールを手で叩いてもうまく出せないでしょう。

手の入る位置がボールの後ろ過ぎても、ただ波立つだけで
うまく出すことはできません。

バンカーショットもこれと同じです。


バンカーショットの基本チェックポイント(右打ちの場合)




□グリップする前に、あらかじめクラブフェースを開いてから握る


□開いたフェースを目標に向け、両肩、両足のラインを目標の左に向ける


□両足をある程度砂の中に埋めて、下半身を固める


□ボールの位置は左足かかとの延長線上あたりに置く


□バックスウィングは左腕とシャフトが90度になる位まで上げる


□ダウンスウィングではクラブヘッドを加速させ、
 ボールの2〜3cm後ろに入れる


□クラブヘッドを砂に入れたら、ボールの下を滑らせるようにする


□目標方向に向かって、スウィング軌道はアウトサイド・インになるように
 振る。またフォローは通常のショットより低くとる

参考:ALBA.net

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

パッティングのコツ

パッティングでは両肩のラインがどこを向いているかに気を付けましょう。

このラインがボールを打ち出したいラインと平行であるかがポイントです。


パッティングのコツ

・インパクトでフェースがスクエアになっていなければ
 ボールは目標に向かって転がっていきません。
 両肩のラインがボールを打ち出したいラインと平行になるように
 アドレスしましょう。
 正しく構えるために、時々パターを肩にあてがって確認しましょう。

・手首は使わずに肩の動きでストロークしましょう。
 バックスウィングで右ひじがラインと平行に動いている感覚が
 ある時は、きっとあなたのストロークは完璧なはずです。
 肩、腕、手首そしてクラブヘッド全てがラインと平行に
 動くことが、パッティングのコツです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

もし、上達にお悩みなら

もし、貴方がゴルフ上達にお悩みなら少しだけお時間を下さい。
今話題のマニュアルをご紹介します。

→ こちらをクリックして下さい。

著者の芝原 実さんは
プロでもなければインストラクターでもありませんが
ゴルフ場業界関係者ならではのノウハウ収集力により
素人離れしたスコアを平気で出すようになられた方です。

ベストスコア=2アンダーと言えば
その凄さは、ゴルファーならお分かりでしょう。

きっと、話題のビリー●・●ートキャンプ並みの
激しい練習方法かと思ったら・・・

「打込み練習は要りません!」とおっしゃられています。

筆者も実は半信半疑でしたが、セールスページを読めば
嘘でも誇張でもないことが貴方にもきっと伝わるはずです。

一度セールスページだけでもご覧になられたらいかがでしょうか。

→ 芝原 実著 「速攻ゴルフ上達法」

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

ゴルフスウィングのツボ

【絶対的距離感を持とう】

世界のトッププロは必ずと言ってよいほど絶対的距離感を持っています。

常に同じリズム・テンポでスウィングする(Same Shot,Same Swing)ことで各クラブの飛距離やスピン量を把握して自分のものとしています。

クラブ毎の飛距離を正確に把握し、基本的にそれ以上飛ばそうとはしない。
把握している飛距離でホールを攻略する。攻めるルートを決める。

他のプレイヤーの飛距離や攻略ルートに惑わされることはない。

飛距離アップのためのトレーニングは欠かさないが
飛距離の基準はその時々で明確であり、ゆるぎない。

クラブ毎の距離を把握することから、スコアメイクは始まるのです。

そして、それは絶対的距離感があってこそ、なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

ゴルフ上達のツボ

【ツマ先上がりでの打ち方】

ツマ先上がりのライからボールを打つ時のポイントは
アドレスとインパクトで前傾角度が変わらないようにすることです。

このライでは、少し上体を起こして構えましょう。

クラブの軌道がフラットになって、ボールの手前を打つミスを
避けやすくなります。

打球は、フック(左に曲がる)しやすくなります。

もともとスライス(右に曲がる)ボールを打つ傾向にある人は
このライから右を向く必要はありません。
まっすぐ狙ってください。


【ツマ先下がりでの打ち方】

ツマ先下がりのライにボールがある時は、まずヒザを深く曲げて
椅子に座るように構えます。

スウィング中は、身体の前傾角度を保ちフォローからフィニッシュでも
クラブを高く上げないように気をつけましょう。

打球は、スライスしやすくなります。

スライスボールを打つ傾向にある人は目標よりも左を狙いましょう。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

空振りを怖がるな。



最初はボールに当てようとせず、のびのびと大きく
クラブを振りましょう。

始めのうちに、ボールにクラブをチョコンと当てるような
小さなスウィングが身に付いてしまうと、後で苦労します。

具体的には、両肩と手元でできる三角形を崩さないこと。

特にフォロー(ボールを打った後)では、陸上競技の
ハンマー投げのようにしっかり両腕を伸ばしてください。

大きなスウィング弧は、あなたにとって
将来かけがえのない財産となります。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

「当てるんじゃない、振るんだ。」



私が最初に教わったのは、クラブの握り方でも
スタンスの立ち方でもありませんでした。

「ボールに当てようとせず、クラブを振りなさい。
クラブを振って、たまたまその途中にボールがあると
思いなさい。」だけでした。


最初はどんな握り方でも、どこに向いていようと構いません。

ボールに当てようとせず、まずクラブヘッドを勢いよく
振る練習をしましょう。

そのうち、ボールに当たります・・・(笑)。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法



↓ 国内最大手のショッピングモールで検索できます ↓

  
  

SEO対策済みテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。