ゴルフ初心者クラブ ビギナーのためのゴルフ情報 上達を目指す初心者ゴルファーを応援します

「明日のゴルフ、どんな服装で行けばよいのだろう?」
「初心者なんだけど、スイングの方法が分からない・・・」
ゴルフ初心者クラブは、ゴルフ場での服装やマナー、エチケット
スウィングの方法やボールの打ち方などの情報を掲載しています。


初心者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)
中級者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)
上級者向けレッスン・おすすめランキング(3月度)

  

ボールの歴史カテゴリの記事一覧

用具の歴史(ボール)



ゴルフで使用される代表的な用具といえば、ボールとクラブの2つが挙げられます。

まず、昔はどのようなボールが使われていたのでしょうか。

ゴルフボールは、初め羽毛を皮で包んだの物を使用していたといわれています。
その後、1,848年にガッタという量産できるボールが現れました。
初めは表面がつるつるだった物が、後にキズを付けるとより飛ぶことが判明し
メッシュの付いたものや表面に小さないぼいぼ状の突起がついたボールなど
様々なタイプのボールが普及しました。

1,898年にゴムのボールが初めて使われるようになり
1,901年にはイボイボ状の突起が施されたHaskellRubberCoreBallが出現し
ゴルフを大きく変えました。格段に飛距離が出るようになったのです。

現在のボールのようにディンプル(突起ではなく、凹んでいる)が
使用されるようになったのは、1,908年からといわれています。
1,930年にゴルフボールの規格が全英ゴルフ協会によって確立されました。

現在のゴルフボールの規格は重量が 45.93グラム(1.620オンス) 以下
直径は 4.27センチメートル(1.680インチ) 以下となっています。

現代ゴルフにおけるボールの技術革新には、目を見張るものがあります。

10年前のボールと比べると、30ヤード(約27メートル)飛ぶようになった
という説があるほどです。

ボールの進化は、現在でもゴルフコースに多大な影響を与えています。

現代は、プロフェッショナルレベルにおいてはどちらかといえば
テクニックを競う”競技”だったゴルフがパワーをも必要となった”アスリートスポーツ”
へと変革していった時代であるともいえます。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法



↓ 国内最大手のショッピングモールで検索できます ↓

  
  

SEO対策済みテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。